2012/10/06

STAGE52:福岡(博多)→長崎(佐世保)



九州に入ってからというもの、ネット環境もあるのにブログ更新しないchipoです、こんばんは。
そりゃーね、うん、仕方ないですよ。
意味の分からない供述を繰り返しております。

長きに渡る博多滞在から出発となります。
一応昨日志賀島ツーリングで50kmは走ったので、心肺や体力の低下はないものと思われます。

博多市街はやはり車も信号も多かったです。

どっかで見たことあるなと交差点で思ったら、10年以上前来たことのある交差点でした。
酔っ払った同僚を3人で担いで帰った思い出がよみがえります。
意外に覚えてるもんですね笑。


佐賀県へ突入。
唐津、伊万里を抜け、本土最西端を目指します。
ぬるい山を越えていくことも可能ですが、そうはしません。

あえて高い山を選びます。
600mくらいの峠なら積極的に何本でも取り入れようと思います。
峠で景色が良くなるのは標高差が500m越えてからのような気がするんです。
多分僕がバカなので高いところが好きなだけかもしれません笑。


これはまだ500mに達していない写真です。

途中一本だけ紅葉していた木をぱしゃり。
もうそんな季節なんですよね。
のんびりしている場合ではない気がします。


これが500m越えた写真です。
まったく景色が違うことが分かると思います。
なので、登るなら500m以上の峠を上りたいと思います。
景色が見えなかったら、それはもう、あれです。
泣いたらいいんです。


何はともあれ峠のてっぺんへ到達。
のんびりしたいのもやまやまですが、体を冷やしたくないのですぐ下ります。
寒くとも汗はたくさんかきますから、油断しているとすぐ風邪を引きかねないです。

長崎県に突入し、細かいアップダウンの多さに苦しめられます。
ゆるいアップダウンではなく、ぐっと来てぐっと下るのがなかなかスパルタです。
特に最西端への道はそんな道が多かったです。

そして到着、最西端。
あまり人気はなかったです。
釣りしてる方が数人いらっしゃいました。

最西端モニュメント!

ここからさらに階段を登り、展望台へ。

誰もいませんでした。
野うさぎがちらっと見えました。
すぐ逃げちゃいましたけど。


こういうのもあるんですね。


霧の思い出。


雨の思い出。


そして今日は曇の思い出。


ここはどういう思い出になるのでしょうか?


ずいぶん長いこと公園の駐車場に放置してきた自転車を迎えにいって離れます。

今日の宿は佐世保です。
ここまでもまぁアップダウンがぐっ、ぐっとやってきます。
宿までもぐっときてました。
長崎は坂の街と言われますが、おそらく県すべてが坂の県なのではないでしょうか?
いつものようにコンビニ弁当2個食べて眠ります。

明日は長崎県庁へ向かった後、島原半島を通過し、熊本へ向かいます。
この度初めての船を利用することになりそうです。
船酔い、心配です・・・。


本日の走行距離:157.3km
本日の平均速度:25.0km/h
総合走行距離:7641.7km
このガジェットでエラーが発生しました