2012/08/29

STAGE32:帯広→富良野

そろそろいったん神戸に戻った際に必要なもの考えないといけないchipoです、こんばんは。
思ったよりいろいろ消耗品が減ります。
タイヤとかチェーンなど補充しないといけませんしね。
でも、荷物は重くしたくないです・・・。

帯広では豚丼もケーキも食べないまま終わってしまいました。
本日は富良野に向けてGOです。
この後地獄が待っているとは露知らず・・・。
曇り空が怪しい帯広でしたが、走り始めて最初のアクシデントです。
干してたズボンを忘れました。
5kmくらい走ったところだったので、取りに戻りました。
情けない笑。

この程度ならフフリと笑う程度で済んでいたのですが、次のアクシデントがやってきます。
雨です。
降り始めてきてしまったものは仕方ないので、朝ごはんついでにセイコマへ避難。
朝ごはんついでに雨装備します。
車の方から札幌までなら乗っけていくよ!と声をかけられますが丁重にお断りします。
優しさが雨と正反対で肌身にしみます。

ゆるくなった隙を狙って出発。
しばらくすると、リアに違和感が。
これは パ ン ク の 予 感 ! !
大正解でした。
抜け切ってはいないのもののパンクでした。
スポークの部分に穴が開いていたのでリムテープの劣化が原因と思われます。
リムテープの換えなんか持ってきてなかったので正直ヒヤリとしました。
直してもまたパンクするって危険と隣り合わせになります。
とりあえず応急パッチでふさいで手押しポンプでしゅこしゅこしてから再出発。
雨の中のパンク修理はいろいろとつらいです。

それからさほど走らないうちに、またパンクです。
今度はリム打ちしていました。
ふさぐかどうするか悩んでみて、チューブの劣化も原因にありそうだと交換を決意。
換えのチューブは3本あるので、ここで1本とはおさらばします。

ついでにホイールの振れもひどくなっていたので、チェックします。
ここでリアのリムにクラックが入っていることに気付きます。
気付きますというか、実は北海道入ったあたりから気付いてはいました。
張力落としてみて様子を見ながら神戸まで持たせようと思っていました。
そのクラックが大きくなっていたんですね。
テンションあげるわけにもいかず、極力他の部分で調整を試みますが、そこでニップルをなめてしまいます。
しかもぼろっと半分欠けるようななめっぷり笑。
やらかしたーとは思いましたが、もう全体的に無理な時期が来ているのかもしれないと悟ります。
思えばずっとメインで使ってきていたホイールですからね。
しかも、ツーリングに出てからは荷重がかかりっぱなし。
北海道に入ってからはダートなども走ってきました。
神戸まで持たせることを諦めます。

いろいろ考えながらもとりあえず富良野へ歩みを進めなくてはなりません。
出発してから3時間半、実際に走っている時間はまだ1時間半です。
今後のスケジュールを検討しながら霧の勝狩峠を越えます。

峠のてっぺんの定食屋さんで豚丼をいただきました。
なんかこれ自分でも作れるぞ、と思ったので帰ったら作ってみようと思います。

峠を越えると雨の降った後もなくなり、天候に余裕が出てきます。
雲の隙間からひさしぶりに太陽がお目見えです。

富良野の宿は迷ったものの、なんとか到着しました。
トップの写真は迷っている間に見つけたスポットです。
富良野市街地です。
宿は結構な坂の上にあったので、ご飯買出し行く気力がありませんでした。
が、売店でカップラーメンなど発見したのでそちらでいただきました。
久々のカップラーメンも割とアリだなと思いました。

夜になり、今後のスケジュールを考察。
予定ではこのまま美瑛、旭川、滝川、札幌を目指すつもりでした。
しかし、これ以上荷重をかけたまま走ることは危ないこととホイールのありそうな街を考え、予定変更します。
荷物なしの状態で美瑛、旭川を巡り、連泊後に滝川、札幌を目指します。
札幌ならホイールありそうな感じですしね!

というわけで、明日は美瑛・旭川を満喫します。
とは言っても旭川は旭山動物園に行くだけなんですけどね笑。



本日の走行距離:131.6km
本日の平均速度:23.6km/h
総合走行距離:4402.9km
このガジェットでエラーが発生しました